トレーニング・シラバスを記述しますが、これはあくまでも目安としてお考えください。その理由を、以下に示します。

1.BIPSは、「開放系(Open System)」です。


社会構造が変化すれば、私たちの精神構造に影響が及びます。例えばフロイトの時代は、ヒステリー患者が多く存在していましたが、時代とともに、ナルシシズム、うつ、パニック障害、ボーダーラインと対応が迫られる症状は移っていきました。

時代とともに移りゆく症状を対象にすれば、その都度新しい理論やスキルが生まれます。BIPSでは、過去からの遺産を大事にするとともに、つねに新しいもの対しても開いていますので、トレーニング内容もつねに変化する可能性を秘めています。

特に最近は、神経生理学の発展に伴い、ボディサイコセラピーも急速に進化しています。国際トレーナーは世界中を駆け巡り、つねに新しい情報を手入していますから、そのような最新情報を提供することも大切にしています。

2.BIPSは、トレーニングにおいても、有機的にプロセスに添っていきます。

心理療法を行う上で、初心者が犯す過ちは、理論を目の前にいるクライアントに当てはめてしまうことです。理論が先ではなく、目の前にいる人の内面のプロセスに共鳴することがまず大切です。そのプロセスを理解する上で、初めて理論が必要なのです。

トレーニングでも同じことが言えます。シラバスを厳格に遂行しようとするあまり、目の前で起きていることを扱わないならば、本当の意味で心理療法を学ぶことになりません。

もちろん、シラバスは指針となるものですし、大きな流れとしてはシラバスに従い、必修な理論やスキルは学んでいきます。ただし、知識では学べない「目の前に起きることに柔軟に、そして有機的にどう呼応していくか」という有意な時間を大切にして、トレーニングは進められます。

セラピストはウィニコットが述べた「ほどよい母親」のように、その場で起きることに共感し、柔軟に呼応することが大切なのです。トレーニングも同様に、その時々の受講生の状態に呼応して、必要なことを提供していきます。

以上の理由によって下記のシラバスは、あくまで目安としてお考えください。
ルーベンス・キグネルのプログラム

1年目
1日目:ボディサイコセラピーの紹介:ライヒからネオライヒアン
    性格分析とベジェとセラピーに関するライヒの研究
2日目:発達理論における性格について
    性格形成の肯定的・否定的ポラリティについて
3日目:体についてのレクチャー
    立ったときの姿勢、筋肉の緊張度、皮膚の状態
4日目:体についてのレクチャーからベジェとセラピーのワーク
    性格の防衛から体・魂を解放、そのプロセスを心理学的に解明する
5日目:4日間の統合、体験をシェアする、各受講生についての素描

2年目
1日目:ネオライヒアンワークの紹介
    ゲルダ・ボイスン、スタンレー・ケラーマン、デイビッド・ボアデラ、
    アレクサンダー・ローエンの主な考え方を紹介し、
    それぞれのやり方の理論と実践における関連をみる
2日目:胎生学と心理療法
    心理療法にとっての胎生学のもつ重要性と、
    発達段階における愛情の調整(レギュレーション)と自己(セルフ)の発達   
3日目:中胚葉を中心にしたサイコセラピーの実践
4日目:内胚葉を中心にしたサイコセラピーの実践
5日目:外胚葉、中胚葉、内胚葉の3つの層と潜在能力、理解、明晰さ、
    力動的な体の組織化、明瞭な言語能力、
    エッセンスとのコンタクトの創造を有機的に関連させる

3年目
1日目:ボディサイコセラピーにおける転移、逆転移、共鳴概念の発達
    ボディサイコセラピーと心理療法の違いについて
    退行と前進:昔のパターンを解放する目的で使う退行
    それが作り出す陰性,陽性転移
2日目:セラピー関係への干渉。胎生学の3層にみられる陰性転移。理論と実践
3日目:実存の母体としてのエッセンス、シャドー、マスク
4日目:実践のスーパービジョン
5日目:実践のスーパービジョン


バイオシステミックスのプログラム

1回目のトレーニング
 バイオシステミックス・モデルの神経生理学的ルート:
 アンリ・ラボリット、ゲルホルン、エデルマン、ル・ドゥルー
 交感神経、副交感神経のカーブ、生理と病理(ジェローム・リス)
 アチューンメント
 アクティブリスニング、アイデンティフィケーション
 言葉と体のリズム:キーワード、キージェスチャー

2回目のトレーニング
 動きの象徴学(ラバン)
 モートリック・フィールド(ボアデラ)
 コミュニケーションの中の身体共鳴、類音(アソナンス)、ミラーリング
 セラピーの場における体:体のコミュニケーション
 セラピーの中の真正(authentic)の動き

3回目のトレーニング
 システム‐二者のマインドモデル(ビーブ、ラッチマン)
 システミックス理論の概念
 幼児の研究:ダニエル・スターン、エドワード・トロニック
 一塊の生命体としてのグループ


バイオダイナミックスのプログラム


バイオダイナミックス心理学の真髄を教える。バイオダイナミックス心理学の特異性はフローのエネルギーを扱い、自律神経面における解放をうながすことにあるので、コンテンツに関してはいろいろの可能性がでてくる。テクニックとツールを超えるこの適応能力は、教師から直に伝達されるべきものである。

1回目のトレーニング:マッサージと解放

・バイオダイナミックス心理学の基本原理
 びっくり反射と心理的腸蠕動
 メモ(memo)植物神経的サークル
・基本的マッサージ
 骨、膜、筋肉、皮膚、オーラなど、多様なレベルでのマッサージを探る
 体液、心理的腸蠕動、呼吸を扱うマッサージ
 抵抗のもとでのマッサージ
・複合マッサージ
 不安に対処するマッサージ
・手についての知識(手をもっと知る)

2回目のトレーニング
・存在(セラピストとしてきちんとその場に存在できる能力?)
・水平のレベルから垂直のレベルへ
・体に従う能力
・セッションの中でのベジェトセラピーのプロセス
 感覚、表現,状況、解放
・体の共鳴
・ボディレクチャー

3回目のトレーニング:リペアレンティング(過去を癒し未来を開く)
・前向きの退行
・リペアレンティング
・目のワーク
・サイコマジックの儀式
・イメージワーク